ボランティアの原点

私がボランティアをしたい、しようと思うのは、

私が借り過ぎてしまったものを返したいという思いが原点でした。

そのことは、ブログのどこかに昔書きました。

この仕事を始めて何年か経ったある日、車の運転をしていたら

急に、激痛のように、私が借りっぱなしの沢山のものをすぐにでも返却しなくては

いけないという強い思いにかられました。

その力に押しつぶされそうな中で、必死で、どうすれば良いのかと考えて

すぐに車の向きを変えて、我が家のご近所の方の家に向かいました。

どうすればよいか?の自分への問いかけの答えが

「ボランティアをしよう!」だったのです。

それは、瞬時の判断でした。

それほど、借りていたものを返さなくてはいけないタイムリミットは

接近していたのです。

障害のお子様を持つお宅に伺って、

「ボランティアをしたいのですけど、どこに行けば良いのですか?」とお聞きしたのです。

「子供ですか?老人ですか?」と返ってきた答えに驚きました。

ボランティアって簡単に出来ないんだと思った最初です。

・・・続く

<参考>

2007年の書道ボランティアなど
http://kimonobito.blog119.fc2.com/blog-entry-113.html
http://kimonobito.blog119.fc2.com/blog-entry-283.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です