「浮き身」と「いかだ倒し」で心地よい泳ぎが健康の源!

プールで2.5キロ泳いで来ました。
少しぐったりですが、心地よいです。

いつものように、クロール、平、バックを泳ぎました。

最後に、「浮き身」と「いかだ倒し」を皆で行いました。

「いかだ倒し」は、1人がバックで浮いて、両足の足首を
もう1人がもって、ゆっくりプールを歩きます。

浮いている人は、ふんわりと心地よく天井を見ています。

「浮き身」は、自分でバックで平らに浮きます。

動かずに、ふんわりと体の力を抜いて浮きます。

激しく動いたリズムを抑えて、ゆっくりした気持ちになってきます。

これで、今日のプールは終了です。

後は、皆で今日はピザを食べて数人がビールを飲みました。
心地よく泳いだ後の心身は、最上の状態です。

ぐっすり寝て、心地よく目覚めます。

毎週、プールで4キロ程度泳ぐことが、私の健康の源になっています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です