人目という厳しさの中にさらすことが「若さや美」の特効薬

若さとか美しさを保つために、とても大切なのは
「人から見られること」だと思います。

自分で、いくら鏡を見ても、自分でよいと思うところだけ見ています。

「今日のコーデやお化粧よし!」と思っても

他の方から意外な注意をされたり、「可笑しい」とか「元気なさそう」なんて
指摘されたりします。

自分の思いと、他の方からの見方は随分違います。

その解決策の1つが、「人に見られる機会を増やす」ことだと思います。

多くの方にお会いする場所にでるとか、自分の写真を公開するとかです。

それが、不本意な指摘を受けたりすることも有りますが
それが大きな刺激になります。

ああ、もっと痩せよう!

ああ、だめだ!

ああ、もっとお手入れをしなくては!

と思うので、それらが美への原動力になるのです。
先日、ずっと独身の美人女優さんと、幸せな主婦になってしばらく休養なさっていた美人女優さんの「美しさ」を、有名な美容整形の院長が比較なさっていました。

女性としての幸福は幸せな主婦かもしれないが、ずっと人目にさらされて
懸命に美を保ってきた独身女優さんの方が美しさは上だと評価なさっていました。
人目という厳しさの中にさらすことが「若さや美」の特効薬だと私も思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です