○ムントジリに含まれる美白成分 5種類

1)アルブチン
アルブチンは、メラニンが黒くなるチロシナーゼの生成を抑えて、メラニンが黒色化することを防ぎます。
紫外線を浴びてしまった後でも、メラニンが黒くなる前であれば美白効果があると言われています。

2)フラーレン
美白成分はビタミンCの約125倍で、外線を浴びることによって生まれるメラニンを抑制し、メラニンによる色素沈着を抑える働きをします。
3)プラセンタ:
メラニン色素の産生に深く関わるチロシナーゼという物質の働きを抑える作用があり、また抗炎症作用や活性酸素除去作用
によってメラニン色素の産生を阻止することができます。
4)ヨーグルト液(牛乳)
古い角質を取り除き、肌を柔らかくする作用があり、保湿効果も高く、美白・美肌効果が期待できます。
顔はもちろん、黒ずみの気になる腋の下やビキニライン、肘やひざ、バストトップなど、全身に使うことができます。

5)オウゴン根エキス
漢方処方にも配合されている重要な生薬の一つで、抗炎症作用や美白作用光加齢を予防する作用などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です